スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣旨採択…でも前向きに!

12/22に西東京市から
陳情の審査結果についての通知が届きました。



趣旨採択画像決定



「願意を尊重し、国、東京都の動向を勘案しつつ最大限努力されたい。」

不思議な文章ですね。されたい?


-----(以下goo辞書より引用)------------
されたい 【▽為れたい】
(連語)
「そうなされることを望みたい」意の改まった、また命令口調の言い方。されたし。
「本署に出頭―たい」
-----------------------------------------------


市民からの要望が多くあったことを尊重して、国、都の動向を考え合わせて
最大限努力してください。>市長


こういうことなのですね。
うーん、具体的には何も決まっていない…。
測定室は出来るのでしょうか…?


「趣旨採択」という議会用語ですが、
西東京市の市議会のページに用語の解説がありました。
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sigikai/aramashi/yogo20090227.html

趣旨採択

請願・陳情事項のほとんどは賛成できるが、その一部の実現が困難と思われ、積極的に賛成できない場合に行う意思決定



むむむ。
賛成なのか反対なのかわからなくなってきました。
私よりも議会に詳しいメンバーが趣旨採択の議決に
喜んでいいのかがっかりしていいのか
言いようのない表情をしていたのは
こういうことだったのか…と、今さらながら得心します。
(きちんと文言の意味を知らなかった自分…まだまだ勉強不足です!)



しかし、「最大限の努力」と謳っているのは
前向きに取り組んでいこうという意味を含んでいるのだと、
傍聴を聞いていて、そう感じました。


子どもたちを放射線から守る取り組みを進めていく流れは
確実に進んでいくことと思います。
少しでも早く確実な方法で実現出来るように
この会も目標に向かって
活動を続けていきたいと思います。


小金井市のように市民ボランティアの力が
必要になる可能性もあります。

今後は市役所の担当部署通い、
放射線測定まわりについての勉強会など、
出来ることを続けていこうと思います。



告知もしますので
どうぞご参加ください!
スポンサーサイト

12.9陳情審議の結果【趣旨採択】

速報です


『西東京市に放射線測定室をつくる会』の
「食品の放射線測定室」の設置を求める陳情 は、
本日、西東京市文教厚生委員会の審査で
【趣旨採択】となりました!
【採択】には至りませんでしたが一歩前進と考えて良いと思います。


趣旨採択の文言は
「願意を尊重し、国・都の動向を勘案しつつ最大限努力されたい」との事でした。
“願意を尊重”とは署名による要望が多かったため、という意味だそうです。

皆様の署名が力になりました。
提出署名は最終的に
3479通でした。


また、同じく西東京市のお父さん、お母さんたちが活動している
『原発汚染から給食をまもる西東京市民の会』の給食食材に安全に関する陳情も、

【趣旨採択】となりました。
あわせてお知らせさせて頂きます。

【趣旨採択】については改めて触れますが
本日はとにかく速報とお礼を。


本当にありがとうございました。
そして、これからもご協力をよろしくお願いいたします。

署名3000筆を超えました!

昨日12月5日付けで
追加で頂きました署名を議会事務局に提出してきました。


追加提出
1127筆


署名合計
3303筆になりました!


皆様、たくさんの署名を
本当にありがとうございます。


提出後も私の手元に
署名が届き続けています。

署名は審査当日の朝まで受け付けてもらえますので
一筆も残さずに届けてきます。



先月11月の間は
文教厚生委員会の議員のすべての党派の議員の方のところに伺って
直接お話しをさせて頂きました。


すべての議員の方から正式なご見解を伺うのは難しく
私たちの意見を直接聞いて頂くに留まりましたが、
どの党派の議員の方も時間を取って私たちの話を聞いていただきました。
本当に感謝しています。


市場に出ている食品は安全でしかるべきなのですが
実際のところは、国の暫定基準値を超える食品が出回っているケースが幾度もあったのは
すでに報道でも知られる通りです。
また、放射線に対して感受性の強い子供たちが食べるものについては
国の暫定基準値では高すぎるのではないかとの指摘もあります。
さらに、海の無い国での事故であったチェルノブイリのケースでは
海に流れた放射性物質が海産物にどれほどの影響がを及ぼすのかの
データはありません。


市民の、特に子供たちの食の安全を守るために
「たぶん」ではなく、きちんと測定できるようにしてほしい。
切実な私たちの思いが、伝わっていることを願います。




西東京市議会で陳情が審査されます

いよいよ西東京市議会で
放射線関連の陳情が審査されます。

放射線問題についての陳情は
現在こちらで提出した「測定室の設置」のほかにも
多数上がっている、放射線問題関連の陳情がまとめて
審査にかけられるそうです。


給食の安全や、食品の測定室の設置などについては
文教厚生委員会
12月9日(金)


「公共施設における放射能測定に関する陳情」については
建設環境委員会
12月12日(月)



審査の傍聴は当日の申し込みで
誰でも出来ます(委員会室の場合は20席が定員)

詳しくはこちら
西東京市のHPに案内がありますのでご覧ください。
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sigikai/bocho.html

署名2次締切分を提出しました!

◎ご報告です

10月31日に、皆様から頂きました署名の
2次締切分を提出してきました。


その数なんと1536筆!

1次締切で提出した640筆と合わせて
合計2176筆になりました!

小金井が測定室を立ち上げたときに集めた署名が2000筆と聞いていたので
それを目標にしてきました。


始めたころは途方もなく遠い数字に思えたのですが
こんなに早く達成することが出来て、
とても嬉しく思います。


署名に協力してくださった皆様、
本当にありがとうございます!!


とりあえず2次締切をしましたが、
西東京市の放射線問題の審議の日程はまだ立っていないそうです。
わたくしの手元にはまだ続々と署名が寄せられて来ていますので

審議が決定するまでの間、署名活動を継続します

メンバーは目指せ3000筆! と張り切っています。
多くの方の声が力になりますので
今後ともご協力よろしくお願いいたします。



現在手分けして
文教厚生委員の市議の皆様のところに
私たちの思いを直接お話ししに回っています。

正直、簡単な道のりでは無さそうな手応えですが
皆様の声を力に、あきらめずに働きかけていこうと思います。
プロフィール

StkKawashima

Author:StkKawashima
「西東京市に放射線測定室をつくる会」
*西東京市で食に関する放射性物質の測定をしたいという声を市に届けるために、親たちが中心になって作った市民の集まりです。
*特定の政治団体・宗教団体によるものではありません。
*当会は、個人や特定の組織や団体の批判や告発を目的としません。

見えない不安を見える安心に変えていくために。

管理人●StkKawashima
西東京市に住む2児の母です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。