スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西東京市に放射線測定室を求めます。

福島第一原子力発電所の爆発事故により、日本の広い範囲に大量の放射性物質が降り注ぎました。
多くの土地が汚染され、農産物や畜産物、海産物からも、広範囲にわたって放射性物質が検出されました。
このような事故はこれまでに起こったことはなく、確たるデータもまだありません。
私たちは、この先どのような健康被害が起こるか分からない中で半減期30年といわれるセシウム137などの放射性物質と長くつきあうことになりました。

そんななか、国や産地にだけ測定を求めるのではなく、消費者の側からも積極的に測定してこの危機に対応しようという動きがおこっています。
消費者庁からの放射性物質検査機器貸与の発表もその一環です。

私たちはすべての自治体で市民が放射性物質の測定が出来るようになることが理想と考え、まずは地元に向けて声をあげていくことにしました。

見えない放射線を可視化できるのは測定する事以外にはありません。

放射線を測定することで、西東京市の子どもの給食の安全が守りたい。
また、野菜や土壌を測ることで地場野菜の安心と信頼を守りたい。
そして測定データを重ねていくことで、
今後長きにわたる放射線対策への力になれたらと思います。


「西東京市に放射線測定室をつくる会」管理人

チラシのダウンロードはこちらです
http://sokuteinishitokyo.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

署名を集めています。
署名用紙のダウンロードはこちらです
http://sokuteinishitokyo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

2011.12.9
【趣旨採択】になりました。
署名総数は3479通
ありがとうございました!
スポンサーサイト
プロフィール

StkKawashima

Author:StkKawashima
「西東京市に放射線測定室をつくる会」
*西東京市で食に関する放射性物質の測定をしたいという声を市に届けるために、親たちが中心になって作った市民の集まりです。
*特定の政治団体・宗教団体によるものではありません。
*当会は、個人や特定の組織や団体の批判や告発を目的としません。

見えない不安を見える安心に変えていくために。

管理人●StkKawashima
西東京市に住む2児の母です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。